FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にARIAの感想書きます。

てか、和みまくって感想どころじゃないんですよ。(ぉぃ

今回のARIAを見てない方はご遠慮ください。
今回は原作+の話でした。

まどろみの中うたたねしていると、灯里の頭の上にアリア社長が。
どうやら郵便屋さんきたのを教えてくれたようです。(すごい起こし方だ)

なんでも郵便屋さんのゴンドラが修理で一日かかるから、一日貸切客としてきたそうな。

しかしアリシアさんは三大妖精の異名を取るのほどの人。翌日は予約でいっぱい。かといって灯里は半人前なので、指導員がいないとお客は乗せられない。

そこで悩んでいると、なら郵便屋さんを指導員として乗せれば問題なし。
そんなアリシアさんの答えに一同は納得して、後日郵便屋さんの所でという事になりました。


いざ当日。(ぉぃ
目的の郵便屋さんを訪ねようとすると、本名を知らないことに気づく灯里。
しかし灯里はここでは有名らしく、長老(と呼ばれてるらしい)の元に案内されます。そんなこんなで、ラジオ体操?をしてから配達にしゅっぱーつ。

長老は手馴れた手付きでどんどん収集していきます。
ちなみに灯里もやってみたら、ちょっと大変なことに。(笑)


そんなこんなで収集を終わらせて、今度は配達~♪という所にアリア社長がみ知らぬ少年に興味津々。

話を聞いてみると、結婚して退職してしまう先生に、ごめんなさいとありがとうを伝えたいと三人?に言う少年。

それならばと赴いたのは結婚式場。
周囲の祝福を受け、花婿と花嫁が階段を下りた先には・・・・・。

おめかしした晃さんが(まてい
いや、晃さんと藍花もいるんですけどね。
結婚式用にオシャレしてました。(ゴンドラもね)


長老が花嫁さんに「ソラ君からの手紙です」と手紙をさしだします。





その後姫屋結婚式用ゴンドラ(綺麗になっております)の上で、先生は自分はあの子の良き先生だったのかと呟くと。


藍花は後ろから来るゴンドラを眺めて、「そうみたいですよ。」と一言。

つられて後ろを振り向くと、灯里のゴンドラに乗って手をソラがいるではないですか。(’’

こうして無事配達を終えた郵便屋さん一同は、まったりティータイム(=w=

そんな中郵便屋さんは「手紙は宝箱のようなもの」と灯里に言います。

あけるまでは何があるかわからない。そしてそんな一時に関われる仕事がやめられない。そしてそんなネオ・ヴァネチアが大好きだと。

そんなこんなで夜はふけていくのでした。まる








今回の話はARIAワールド全開でしたね。
オリジナルの話があったのも大感激です。
何より晃さんが出てきたのが感激です。(まてぃ
そろそろアテナさんも出てきてもいいような。

てか、こういうのこそ午後6時~7時にやってほうがいいような。^^;
今回の話は特にそう思いましたね。

次回も晃さん出てほしいと思ってるつきのんでした。





スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
Copyright © つきのんの散歩道. all rights reserved.
【Template by はなまるプリント
topへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。